公益社団法人

日本けん玉協会

 OKen―ヨコけん®けん玉教室―は公益社団法人日本けん玉協会のけん玉道の精神に基づいて運営している。

  一言で「けん玉道」といってもその意味は色々あるかもしれない。OKenでは色々あるけん玉道の意味の一つであるところの、けん玉の「型」をしっかり身につけることを重視している。しっかりと理論・実技で基礎基本を身につけることができれば、そのあとの難しい技にも意味ある形で挑戦していくことができる。

​ 時間がかかることではあるが「千里の道も一歩から」「急がば回れ」の心持ちで、確かな技術を一つ一つものにしていこう。

fa6946e5d8c64b8bceac100abc480685.png

けん玉? KENDAMA?

 けん玉をしていない人にとってけん玉といえばイメージとして、少し前まで古風な趣味・昔遊びという授業の一環といった感じだったかもしれない。

 しかしネットの発達などにより国境を超えてけん玉がされるようになった特に2010年以降頃から、けん玉は「カッコイイもの」としてネットやTVなどで取り上げられるようになった。

 今やけん玉は、技の成功率・正確性・スピードを向上させることを目指しても良し、パフォーマンスやカッコよさを目指しても良し、心身の機能向上を目指しても良しの様々なやり方で楽しまれるようになってきている。

けん玉のメリット

 たかがけん玉されどけん玉。けん玉には様々なメリットが有るとも言われてきている。代表的なところを列挙してみよう。

①心身の機能向上:けん玉も真剣にすればスポーツ。実はとても運動になる。

②楽しい:けん玉は「難しい」と思われるかもしれないが、最低限のやり方とコツが分かれば剣にさせるようにもなるかも。できない技ができた楽しさ快感は何者にも勝ると言う。

​③広がる繋がる:一人で黙々とすることが出来るけん玉であるが、人と一緒にしてみると、これが意外なことにすごく楽しい。これはぜひ経験してみてほしい。

  

ヨコけんロゴ正式版背景なし.png

ヨコけん―yokohama.kendama.spikers―

 本教室の正式名称にも含まれている「YOKOKEN」は@Keitandamaがストリートけん玉及びKENDAMA Edit Movie制作のため立ち上げたけん玉組織である。

 本教室の活動そのものと直接は関係がないかもしれないが、けん玉の練習をするとどのようなことができるようになるのかを知るという意味では、ヨコけんのEdit Movieなどを見てみるのも良いかもしれない。

Oken.png

OKen
―ヨコけん®けん玉教室―

 @keitandamaが立ち上げた横浜のけん玉教室。母体である「ヨコけん」の「横」を「オウ」と読み替えて「オウケン→OKen」と命名した。

 従来のけん玉教室のように、級・段位の基礎的な技の重要性を継承しつつ、さらにそこに昨今の「KENDAMA」の要であるカッコよさ・楽しさ・人とのつながりが含まれるけん玉教室を目指す。

  参加必須条件はけん玉を上手くなりたい気持ちと、けん玉に真剣に取り組みたいという気持ち。一緒にOKenでけん玉をしましょう!

About OKen―ヨコけん®けん玉教室―

@Keitandama

(日本けん玉協会二級指導員・

五段・​ヨコけんDirector)

 2016年4月頃、KENDAMAUSAのEdit動画や、職場で子供達にけん玉を教える機会に遭遇したのをきっかけに、初めてけん玉を練習する。

 ストリートけん玉チーム設立のため猛練習し、けん玉を始めてから1年未満で五段と二級指導員を取得する。

 けん玉組織「ヨコけん」を設立し、Director(主宰)としてトリック・撮影・編集・ITなどを包括的に担当してきた。

 ​級位・段位の技は綺麗と褒められることが多い。元々はストリングトリックが好きだったようだが、最近では様々なマイナー一周系をしオールラウンドにトリックのレパートリーを増やしている。

blog_default_image.png